こどもそうぞうじゅく

 

こんにちは。

ショウイチオジサンです。

 

これから、きみたちが、おおきくなっていくと、いろんな、たいへんなことがあるかもしれない。

 

せかいは、いつも、とてもたいへんで、まきこまれると、きみたちも、とってもたいへんだとおもうかもしれない。

 

でも、それはホントはどうなんでしょう?

せかいは、ホントにたいへんなんだろうか?

 

じぶんが、そうおもってしまうと、たしかにたいへんにかんじるかもしれないね。

ショウイチオジサンも、じつは、せかいはたいへんだと、ずっとおもってきたし、とってもつらかった。

 

でも、あるとき、きづいたんです。そうおもっているのは、オジサンだけなんだと。

 

だって、せかいは、なんにもかんがえてないし、おもってないし、すなおに、ただ、これ、ここに、こうあるだけだと。

ぜんぶ、じぶんが、おもってることなんだと、きづいたんです。

 

じつは、オジサンも、つらいとおもっているときに、ちゃんと、しんぞうがうごいて、こきゅうして、おきて、オシッコして、ウンコして、ごはんたべて、なんかして、またねて、ちょっとたのしいとかんじていたんです。

 

そのことに、きづくまで、ホントにつらかった。

 

でも、もう、そういうふうには、おもわなくなりました。

 

そして、いつも、とってもたのしく、しあわせいっぱい、よろこびいっぱい、いきていこうと、きめました。

 

ホントは、このせかいは、いつも、すなおに、よろこびいっぱいに、げんきです。

 

そして、その、あたりまえで、かんたんなことを、きみたちにも、なるべくはやく、きづけるようにしたいとおもうんです。

 

そうしたら、みんなで、すなおに、げんきに、おいしく、ごはんを、くう。

 

ショウイチオジサンといっしょに、たのしい、しあわせな、このせかいをつくっていこう!

 

 

 

 

子供創造塾

 

趣旨

 

子供が世界に触れ、社会を拡げていく過程において全ての現象、現実をより素直に受け入れ、理解し、なおかつそれを活用、応用し、自己を確立すること。

世界の現象全てが各々の自己の創造であると気付き、体感し、自発的に、より良い世界を創造していく事の出来る能力を身につけること。

 

考察

 

世界は苦しみに満ち、対立、争いがあり、差別があり、不平等があり、無理解により過去を破壊し、無駄と浪費を続けてきました。しかし、それは過去に各々の自己がそのような世界観、社会観を創造してきたからではないでしょうか?

 

実は我々は、より崇高で創造性に溢れ、常に自己実現していく潜在能力を秘めています。

素直に幸福で喜びに満ち、全ての現象世界を自発的に変えていく事ができます。

空ことを通し、その事に気づき、体感し、自律的に、より良い世界観を持ち、それを実践するだけで良いのです。

 

未来は子供たちが創造するのです。私はそれにほんの少し力をそそぎ、観守って行こうと思うのです。未来はどうなるか、実の所、全くわからないのです。何故なら、我々は今ココ、この現象世界にしか生きることが出来ないからです。

 

無責任な話だと思われるかもしれませんが、私は各々の子供が将来どうなろうと全く感知しません。どうでもいいのです。ただ、私と何かの拍子でまた合った時に「元気?」と尋ねたら「元気」と素直に応えてくれれば良いと思っています。その子がその時どんな状態でも、空ことを通し、思い切りその状態を体感していてくれれば良いのです。素直で元気に大変な状態でいいのです。当たり前です。我々だってみんなそうであったのです。ふと、子供創造塾で体験したことを思い出し、応用、活用してくれていたら十分だと思っています。

 

目標

 

私に出来る事はたいしたことではないので、その子供の素直さと持ち味を活かすことに力を尽くしたいと思います。各々の子供が素直に幸福と喜びに気づき体感し、それを、子供たちにとって、よりよい現象世界の創造に活かし空ことを通し自発的・自律的に自己実現することを、補足すること。

 

内容

 

無の状態、気づき「ん?」

有る状態、気づき「あ!」

空の状態、気づき「くう」

 

今ココ、コレ状態、気付き

体感、身体で知る現象宇宙

「想像の世界」と「現実の現象」

空ことを通し自発的に自己実現することの重要性

 

創造のための学び

方法と技術

練習と習得

 

主に全身体を使う表現

主に手を使う表現

主に言葉や声、唄を使う表現

 

生命、有機共循環創の認識

現象宇宙、自然界の仕組みの身体的理解と応用

 

農的実践、人間、動植物との触れ合い

現代技術(テクノロジー)の理解・応用

人間社会、現代社会への適応、自立、自律、自発的に空こと、創造することを促し補足する

 

芸術における表現

美術と音楽の活用

 

方法論に囚われず自立、自律、自発的に空こと、創造することの実践

 

潜在能力の発揮

 

 

対象

 

子供からまだ子供の大人、老人まで、人間であれば誰でも

病気、障害等の有無を一切問いません(そのような定義自体がアヤシイものです)

現象世界において動くもの全て、身体、心を動かすことが好きな人

または、そうなりたい人

 

場所

 

どこでも今ココ、コレであれば可能

 

費用

 

1時間15,000円(またはご相談下さい)

  • Shoichi Design Facebook
  • Twitter クリーン グレー
  • SoundCloudがクリーングレー
  • Pinterestのクリーングレー
  • YouTube クリーン グレー
SHOICHI DESIGN